【臨床開発モニター求人サイトランキング】人気No.1サイトをご紹介

臨床開発モニターの年収はどれくらい!?

転職サイトランキングはコチラ!

臨床開発モニターの年収は、現在すでに500万円を超えていると言われているのです。臨床開発モニターの年収はもちろん他の職業と比べても年齢別でかなり違いが出てくるもので、年代別に見てみると20代では450万円程で、30代になると100万円アップの550万円以上、40代になるとさらに100万円ほどアップの650万円弱、そして50代になると700万円代に近づく年収をもらっているとい数字になっているのです。

臨床開発モニターの年収の特徴としては、20代と若い年代から高い年収をもらえることになり、40代くらいまではどんどん年収が高くなっていき、その後50代になると同年代の人達よりも平均的にみると年収が低くなる傾向がみられます。臨床開発モニターの年収は、臨床開発モニターには役職手当と言ったものがほとんどないと言える職業なので50代を超えてもそれほど年収がアップしていかないということになっているのです。

臨床開発モニターには薬剤の知識と医学的な知識が必要だということで、薬剤師の資格をもっている人にはおすすめの仕事で、薬剤師の年収と臨床開発モニターの年収を比較しても、臨床開発モニターの年収の方が有利になっているので、薬剤師の資格を持っている人で今の仕事に不満を持っている人や、これから職場を探しているといった人は、薬剤師1本で職場を探すのではなく、臨床開発モニターという選択肢も持ってみればいいと思います。

臨床開発モニターに向いている職業には、薬剤師の他にも看護師もいるのですが、看護師の場合にはいきなり臨床開発モニターとなるよりは、CRCと呼ばれる治験コーディネーターを経てから臨床開発モニターと進んでいく人が多く、その場合は年収も平均して50万円ずつ上がっていくことになるのです。薬剤師の場合には薬剤師からいきなり臨床開発モニターとなる人が多く、この場合も年収が平均して50万円ほどのアップにつながることになるのです。

さらに臨床開発モニターの年収の傾向をみてみると、どんどん年収が上がってきている傾向にあって、それは臨床開発におけるアウトソーイングが加速してきていることから臨床開発モニターの需要がどんどん高まっていて、臨床開発モニターの年収がどんどん上がっていると言われているのです。臨床開発モニターの需要が増えるということは、臨床開発モニターが行う仕事の案件もどんどん増えているということで、案件が増えているということは残業数も増えるということにつながっているので、さらに臨床開発モニターは稼ごうと思えば今以上に稼げる仕事になるということなのです。

さらに臨床開発モニターは様々な企業から募集されていて、企業によっては年収が1000万円以上というところもあるので、自分の能力に合わせていろいろな就職先を選らんでもらえればいいのです。

臨床開発モニター求人!人気サイトBEST3!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録する

薬キャリ
薬キャリに登録する

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録する

© 2012 臨床開発モニター求人サイトランキング