【臨床開発モニター求人サイトランキング】人気No.1サイトをご紹介

臨床開発モニターを辞めたいと思ったら!?

転職サイトランキングはコチラ!

臨床開発モニターが辞めたいと思うシチュエーションとしてまず考えられるのは事前のイメージと現実とのギャップでしょうか。まだ比較的新しい職種のため、事前に情報が集まりにくい面がある上、イメージ先行の感もあります。薬剤師や看護師の新たな就職・転職先として注目を集めているため、これまでの職場環境に不安や不満を感じた人が目指すケースが増えているのですが、いざ採用されて仕事に就いてみると事前の話とぜんぜん違うため戸惑うといった問題も生じています。実際、この仕事に関する評価では「多くの人と関わる仕事でやりがいが感じられる」「高収入が得られる」といったプラス面と「激務で体力的に辛い」「将来のビジョンが見えない」といったマイナス面が両極端に混在している状況です。

臨床開発モニターのおもな業務の1つが治験におけるモニタリング業務。これには医療機関や製薬会社、さらには治験に関わるすべてのスタッフの間で調整役を担うコミュニケーション能力と交渉力が求められます。やりがいが感じられる一方、適性がないとなかなか勤まらない面もあります。うまく適応できないまま精神的にしんどく感じて辞めたいと思ってしまうわけです。この理由で辞めたいと思ったらまず他の仕事に回してもらえないかどうかを会社に打診してみましょう。臨床開発モニターにはモニタリング業務のほか、資料や報告書の作成、治験業務の企画・立案などさまざまな仕事がありますし、その中にはもっぱらデスクワークを担うものもあります。もっと自分の適性に合った役割で働けないかを上司に相談してみましょう。

もうひとつは体力的な問題。原則として医療機関で行われる治験の現場へ出向いて業務を行うため、どうしても出張の機会が多くなります。全国単位で業務を請け負っている企業なら全国を飛び回るケースも出てきますし、近年では海外からの仕事を請け負う企業も増えています。ゆっくり落ち着く間もなく次の出張先へ向かう…そんな生活が続いていると体力的にもたなくなります。

このケースでもまず会社側にまず相談し、もう少し緩やかな環境で働けないかどうかを申し出るのが第一歩です。ただこちらの場合は企業の経営方針や状況と直接関わってくるため、なかなか難しい面もあるようです。その場合はもっとゆとりのある環境への転職を検討することになるでしょう。転職を視野に入れた場合には転職エージェントを利用しましょう。辞めてから職探しを行うのではなく、働きながら転職エージェントのサービスを利用して続けていくのです。キャリアアドバイザーからのアドバイスやサポートを受ければ効率よく職探しを行っていけるはずです。

臨床開発モニター求人!人気サイトBEST3!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録する

薬キャリ
薬キャリに登録する

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録する

© 2012 臨床開発モニター求人サイトランキング