【臨床開発モニター求人サイトランキング】人気No.1サイトをご紹介

臨床開発モニターの離職率は高いのか!?

転職サイトランキングはコチラ!

一般的に一度仕事に就いて辞める人の特徴というのは、収入面での不満を持って辞めるか、その仕事自体にやりがいがないと感じてしまったか、もしくは職場の雰囲気に馴染めないかということになると思います。その他にも仕事を自ら辞める人の中には今の仕事よりも上のステージに上るため、すなわちキャリアアップのためという人も多いと思います。

臨床快活モニターの仕事を、離職する一般的な理由に当てはめて考えた時には、職場の人間関係などの雰囲気に馴染めないということ以外には、臨床開発モニターという仕事は収入面でも一般的にはかなり優遇されていて、さらに新薬を作り出して人の命を助けるという非常にやりがいのある仕事で、さらに臨床開発モニターには看護師や薬剤師からキャリアアップを目的としてなる人も多いということで、臨床開発モニターはこれらの理由から非常に離職率の低い職業であると言えるのです。

臨床開発モニターの仕事内容とは、臨床試験計画書に従って正しく行われているかを確認するためのモニタリング業務の全般を行う仕事で、臨床開発の中心になって働く仕事なのです。臨床開発モニターの仕事の流れを具体的に言うと、臨床試験開始に先立ち実施医療機関を選定して、契約手続きを行い、臨床試験中のモニタリングを行って、症例の進捗確認をして、必要な文書を確認して、症例報告書を回収して、治験薬供給確認をして、臨床試験終了の諸手続きをするという仕事になるのです。

臨床開発モニターの仕事内容を見てみると非常に大変な仕事で、実際には臨床開発モニターは激務だと言われているのですが、臨床開発モニターの離職率が低いのは、臨床開発モニターはやりがいを持って仕事をしているために、激務に耐えられるということがあるのです。

さらに臨床開発モニターというのは安定した製薬会社の社員がほとんどなので、きちんと休日が確保されているということが離職の低い理由でもあるのです。さらに臨床開発モニターの仕事は、年収で見ても多ければ1000万円以上を稼ぐことができる仕事なので、そのような高収入の仕事は簡単に見つけることができないために、臨床開発モニターの離職率は低いということが言えるのです。

臨床開発モニターという仕事は、医学的知識が必要なために、急になりたくてもなることができない仕事で、臨床開発モニターになるためには最初から臨床開発モニターを目指してなる人が多く、臨床開発モニターに途中から転職してくる人も、キャリアアップの最終目標にしている人も多いので、それも臨床開発モニターは離職率が低い理由となっているのです。

臨床開発モニター求人!人気サイトBEST3!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録する

薬キャリ
薬キャリに登録する

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録する

© 2012 臨床開発モニター求人サイトランキング