【臨床開発モニター求人サイトランキング】人気No.1サイトをご紹介

臨床開発モニターのバイト求人を探すなら!

転職サイトランキングはコチラ!

薬剤師や看護師は女性の比率が高い仕事ですから、その転職先として注目を集めている臨床開発モニターでも女性が多く活躍しています。現在の男女比率はほぼ5:5と言われています。ただ女性の場合は家庭の事情による就業環境の制約が出てきます。子育てと両立させるためにはフルタイムでの勤務は厳しいため、あえて非正規の雇用を望むケースも少なくありません。この点は薬剤師や看護師と基本的には同様です。

しかし、臨床開発モニターの場合、正社員の求人は見つけやすい一方、バイト求人になると非常に限られているのが大きな特徴です。アルバイトという形での求人は基本的にないといってもよいでしょう。あるのは契約社員などの非正規雇用の形式です。

これはモニタリング業務をはじめとする臨床開発モニターの業務内容と深く関わっています。薬剤師、看護師の仕事は基本的に資格さえ取得していればひと通りの業務を行うことが出来ます。しかし臨床開発モニターの場合は医療全般の知識や新薬開発の関連法規の知識からコミュニケーション能力まで幅広いスキルが求められるため、研修や実務経験を通して求められるスキルを身につけていくことになります。そうなると雇う側としても長期的な視野で教育を行える環境が必要ですし、働きながら学ぶ機会を持つためにはフルタイムでの勤務がやはり欠かせないのです。

また、出張が多い就業環境もバイト求人が少ない理由のひとつです。依頼に応じて治験業務を行う先へ出張する必要があります。日帰りのこともあれば、泊りがけで現地に滞在して数日間業務を担当することになります。こうした仕事でアルバイトを雇うのは相応しくありませんし、先方としても派遣されてきたスタッフがアルバイトでは納得がいかないでしょう。

こうした事情からバイト求人が非常に少ないのです。無理してバイト求人を探すくらいなら時間の都合がつけやすい正社員の求人を探した方が近道でしょう。子育ての理解があり、ママさんの応募を歓迎している企業もありますし、在宅で働ける職場もあります。家庭の都合から正社員は無理、と最初から決めてしまわずに範囲を広く求人探しを行っていくとよいでしょう。

あくまでバイト・非正規での雇用を目指す場合には品質管理などモニタリング業務を伴わない仕事で見つけることができます。ただその場合は過去に臨床開発モニターの実務経験を積んでいることが必須のことが多く、条件を満たしているかどうかがポイントとなります。バイト・正社員どちらを目指すにしろ、転職エージェントに登録してキャリアアドバイザーと相談してライフスタイルにあったところを探していくと効率のよい活動を行っていけるはずです。

臨床開発モニターの派遣求人なら・・・人気求人サイトはこの3つ!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録する

薬キャリ
薬キャリに登録する

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録する

© 2012 臨床開発モニター求人サイトランキング