【臨床開発モニター求人サイトランキング】人気No.1サイトをご紹介

臨床開発モニターの残業

転職サイトランキングはコチラ!

臨床開発モニターの勤務時間に関しては異なる評価が混在している状況です。残業や休日出勤が少なく、規則正しい就業環境で働くことができるといったプラス面の評価と、激務でプライベートの生活が犠牲になり、体力的にも厳しいといったマイナス面の評価です。この相反する評価をどう判断するかは臨床開発モニターの具体的な就業環境や残業の状況を知っておく必要があります。

臨床開発モニターの1ヶ月の平均残業時間は30〜50時間程度と言われています。この数字だけを見るとそれなりに多いといえるでしょう。一方では基本的に残業はないという見解もあります。この違いは臨床開発モニターならではの事情によるものです。この仕事では治験業務の前段階と具体的な準備を行う段階では就業時間に大きな違いが出てきます。とくに治験業務を実際に行う医師や医療機関、関わるスタッフとの話し合いを行う際には相手の都合に合わせたり、意見調整のために時間がかかるなどの理由で残業時間が長くなります。逆にそれ以外の期間、資料の作成や企画立案の段階では残業は基本的にはなく、規則正しい時間に帰宅できるようです。

残業に関してはもう少し知っておくべき点があります。まず出張の機会が多くなること。日帰りの出張の場合は朝早くから出張先へ出向いて仕事を行い、会社に帰宅した後に書類作成をはじめとした事後処理を行う形になります。そうなるとどうしても帰宅時間が遅く、20時くらいになってしまうことが多いようです。この点は出張先までの距離や会社に戻ってくる時刻がいつ頃になるかによっても違ってきます。

また泊りがけの出張が多いのも臨床開発モニターの特徴です。その出張中はほぼ一日中仕事に従事する形となります。残業とはまた違った形ですが、普段に比べて超過勤務になることは間違いありません。

他にも移動時間や医療機関、製薬会社との付き合いといった拘束時間も忘れてはならないでしょう。残業とは分けて考えるべきかもしれませんが、不規則な就業環境の原因になることは間違いありません。

このように、臨床開発モニターは忙しい時期とそうでない時期、出張の際と会社で業務を行う時で就業時間にかなりの差が出てきます。これからこの仕事へ就職・転職を目指す場合にはこの点についてもしっかりと把握しておく必要がありそうです。全体の平均残業時間だけで判断せず、出張の頻度なども考慮に入れたうえで全体的な就業環境・時間について見ていくようにしましょう。

臨床開発モニター求人!人気サイトBEST3!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録する

薬キャリ
薬キャリに登録する

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録する

© 2012 臨床開発モニター求人サイトランキング