【臨床開発モニター求人サイトランキング】人気No.1サイトをご紹介

臨床開発モニターとして求める人材

転職サイトランキングはコチラ!

臨床開発モニターになるために必須となる国家資格のようなものはありません。ですから乱暴な言い方をすれば誰にでもなることができます。しかし雇う側としては当然相応しい知識やスキルを身につけている人材を得たいですから、求人情報などでもそれなりの応募資格を設けています。

臨床開発モニターとして求める人材かどうかを判断する第一のポイントは医療全般に関する知識です。薬剤師や看護師の転職先として注目を集めているのもそのためです。新薬開発に伴う治験業務に携わる仕事ですし、治験作業中の被験者の健康状態の確認や資料・報告書の作成といった業務では広く医療全般に関する知識が求められるのです。これをクリアできるかどうかが臨床開発モニターになれるかどうかの最初のハードルとなります。

それから読解・理解力。業務を行う際には医師のカルテを理解することが求められます。医師が求めているもの、やろうとしている意図をそこから読み取り、円滑に作業が進むよう調整していく必要がありますし、報告書などの書類を作成する上でもこの能力が必須となります。医師は悪筆とよく言われますが、読みにくい字や略語、ドイツ語をはじめとした他の言語による内容も理解できる能力が問われるのがポイントです。

そしてもっとも重要なのが新薬開発の関連法規に関する知識です。治験業務を行い新薬の販売を厚生労働省に認可されるためには法規にのっとった形で正しく行っていく必要があります。たったひとつ不備や法規を逸脱・違反した部分があっただけでもすべてが台無しになってしまいかねないのです。

これらは臨床開発モニターとして求められる最低限の前提です。しかし知識だけでは勤まらないのがこの仕事、もうひとつ重要なポイントとしてコミュニケーション能力が問われます。モニタリング業務はもちろん、企画・立案などの際にも医師をはじめとした現場のスタッフと交渉し、作業がスムーズに行われるようにしなければなりません。単に意見交換を行うに留まらず、スタッフ同士の信頼関係を築き、連携がうまく機能する環境を整えるコミュニケーション能力が求められます。

もちろん、これだけの資質を最初からすべて備えている人材は少ないですから、研修などを通して身につけていくことになります。自分にこうした資質が身についているかどうか、企業側の教育環境が整っているかどうかなども考慮したうえで転職活動を行っていくとよいでしょう。転職エージェントに登録し、キャリアアドバイザーのアドバイスや企業の内部事情の提供なども賢く活用するのもお勧めです。

臨床開発モニター求人!人気サイトBEST3!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録する

薬キャリ
薬キャリに登録する

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録する

© 2012 臨床開発モニター求人サイトランキング