【臨床開発モニター求人サイトランキング】人気No.1サイトをご紹介

在宅の臨床開発モニター求人を探すなら・・・!

転職サイトランキングはコチラ!

治験業務に深く関わる臨床開発モニターの仕事というと現場で活躍する仕事というイメージが強くあります。また治験業務を行うため全国各地へ出張するイメージを持っている人もいるでしょう。近年では海外への進出を行う企業も増えており、そのイメージに変化はありませんが、その一方で在宅で働くことができる勤務形態も登場しています。

臨床開発モニターの業務は多岐に渡ります。現場における治験業務の調整役はそんな数多くある業務の1つです。実際には在宅でも行うことができる業務もありますし、業務の多様化や複雑化にともない、臨床開発モニターの業務にも専門化が進むようになっています。すべての臨床開発モニターが治験に立会い、モニタリング業務を行うとは限らないのです。企業内でそれぞれの業務の担当者を決めているケースも少なくありません。

では在宅の臨床開発モニターはどのような仕事をするのでしょうか?求人を探す際にはまずこの基本的なところを知っておく必要があります。まず治験業務そのものの企画立案や実行に関するアドバイスなど。相応しい場所、相応しい方法を事前の綿密な研究や調査に基づいて提案していきます。新薬の種類によって相応しい環境が異なってきますから、専門的な視点からの意見が求められます。それから具体的な計画の立案と評価分析。現場でのモニタリング業務こそ行わないものの、治験業務を滞りなく進行させていくための計画やアドバイスを行います。この点はモニタリング業務を担当するスタッフと協力したうえで行っていく必要があるため、在宅といえどもコミュニケーション能力、調整力などが求められます。他にも資料をはじめとした治験業務に必要な資料の作成、治験のマネジメントなど在宅勤務で求められる業務は多岐に及びます。決して在宅だからといって楽というわけではないのです。

ではそんな在宅の臨床開発モニター求人を探すにはどういった方法が適しているのでしょうか。求人の数そのものが少ないようにも思えますが、インターネットで探してみると思いのほか多く見つけることが可能です。それだけに重要なのは内容。まず応募資格をチェックしましょう。薬剤師の資格保有者が歓迎される傾向が見られますが、未経験では難しく、経験者が優遇されます。またデスクワークがメインとなることもあり一定の英語力が求められます。どれぐらいの頻度で出社する必要があるかも見ておきましょう。

転職エージェントを利用すればこうした細かい情報を踏まえたうえでよい求人を絞り込んだり、キャリアアドバイザーから紹介してもらえますから、賢く活用してリ相応の環境を探していくとよさそうです。

臨床開発モニター求人!人気サイトBEST3!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録する

薬キャリ
薬キャリに登録する

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録する

© 2012 臨床開発モニター求人サイトランキング