【臨床開発モニター求人サイトランキング】人気No.1サイトをご紹介

英語を活かせる臨床開発モニターの求人を探すなら・・・!

転職サイトランキングはコチラ!

臨床開発モニターの仕事にはこれといった資格は求められません。この資格がないとなれないといった国家資格の類は存在していません。もちろん、だれでも簡単になれるわけではなく、薬剤師や看護師といった医療関連の専門的な資格が求められますが、そうした資格さえ取得していれば未経験でも採用されやすい特徴を持っています。ただし、数年前に比べて求められるスキルが高くなっている傾向も見られます。その傾向を象徴するのが英語力です。求人の応募資格にも英語力を必須としたり、優遇される旨が掲載されることが増えています。

逆に言えば英語力に自信がある人はそのスキルを就職に有利な形に活かすことが可能です。未経験やキャリアが不足している場合にそれを補う手段として強力な武器になるでしょうし、就職先の選択肢が広がります。

ただ、英語力には人によって差が見られます。また臨床開発モニターの求人においても求められる英語力のレベルに関しては企業ごとに異なります。この点は業務内容とも深く関わってくるだけに重要なポイントです。たとえば外資系の製薬会社の治験業務を担当する場合には読み書きが必須、新薬の説明なども原則として英語で書かれていますから、問題なく理解できる能力が求められますし、資料や報告書の作成のためには書く能力も必要になります。それから国際的な治験業務や海外で治験を行うケースには英語によるコミュニケーション能力も必須となります。国際規模で販売を目指す場合には治験業務そのものに英語が使用される機会が多くなりますから、モニタリング業務はもちろん、事前の計画や交渉の際にも英語でのコミュニケーションが求められるのです。もちろん、論文など専門的な内容を理解できる知識も欠かせません。全体的に見てTOEICで700点以上のレベルが求められるといわれています。このハードルをクリアしているかどうかで自分の英語力が武器になるかどうかがかなり決まってくるわけです。

英語を活かせる臨床開発モニターの求人を探す場合にはまず外資系からの求人を探していきましょう。求人情報を見れば必ずといっていいほど応募資格に英語力に関する情報が書かれているはずです。そこで自分の英語力がどの程度採用に有利になるかを確認するわけです。

さらに転職エージェントの利用もお勧めです。外資系だけに絞ってしまうと待遇面や就業環境が適したところを見つけにくくなりますから、キャリアアドバイザーに英語力を生かしたところで働きたいと希望を述べた上で求人を紹介してもらうのです。国内企業でも英語力を活かせるところがありますから、幅広い選択肢から探していく上でも重要なポイントとなります。

臨床開発モニター求人!人気サイトBEST3!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録する

薬キャリ
薬キャリに登録する

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録する

© 2012 臨床開発モニター求人サイトランキング