【臨床開発モニター求人サイトランキング】人気No.1サイトをご紹介

臨床開発モニターの1日の流れ(主な仕事内容)

転職サイトランキングはコチラ!

臨床開発モニターとは、治験に関わる仕事をする人のことを言います。その役割は、簡単に言えば、臨床試験がきちんと行われているかどうかをチェックする役割。治験はただ行えばいいというわけではなく、定められた基準や、守らなくてはいけない決まりがあります。新薬の開発は簡単ではなく、さまざまな工程を経て行われるもの。人の体に作用する薬を作るという役割から考えると、こうした規定が細かくあるのも当たり前のことなのかもしれません。臨床開発モニターは、そうした規定をきちんと守るように管理することが大切な役割です。

具体的な仕事内容としては、治験者(治験に協力してくれる人)の募集を行ったり、治験を行う病院の手配をして依頼したり、治験者への定められた説明をしたりといった内容が挙げられます。また、書類管理をしたり、治験コーディネーターから上がってきた内容をもとに、報告書を作成したりといったことも仕事内容となります。全体的なところでは、治験がうまく進んでいるか、守らなくてはならないことを守りつつ進められているか、というチェックも、臨床開発モニターの大切な仕事です。最終的には報告書にまとめて、製薬会社へ提供することとなります。新薬の開発にとっては欠かせない人材ということができるでしょう。

そんな臨床開発モニターの1日の流れは、決められたルーティンワークをこなすわけではなく、毎日毎日、取り組む仕事は変わってきます。例えば、治験を依頼している病院へ行くときには、医師への説明や、検査の実施手順の紹介などを行い、打ち合わせを重ねます。実際に治験が行われる段階になると、薬や必要な器具などの搬入を管理することもあります。治験コーディネーターと連携してこれらの仕事を行ったり、治験コーディネーターから治験データをもらい、説明を受けたりするのも業務内容に含まれます。

一方で、1日事務所で内勤をしているという日もあります。病院などへ依頼をするときの書類や説明資料を作成したり、必要な手続きを行ったりという事務作業も多く発生しますので、日によっては1日ずっと事務作業を行っているときもあります。最終的には製薬会社へ報告をしなくてはなりませんので、そうした報告書をまとめる業務もあります。前述したような、医療機関へ直接出向く日もあればずっと事務作業をしている日もある、というのが臨床開発モニターの仕事です。多くの医療機関を担当している人なら、全国あちこちへ出張していることもあります。

臨床開発モニター求人!人気サイトBEST3!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録する

薬キャリ
薬キャリに登録する

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録する

© 2012 臨床開発モニター求人サイトランキング